影法師冥府葬り 1 父子雨情 稲葉 稔

影法師冥府葬り 1 父子雨情

著者
稲葉 稔
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

影法師冥府葬り 1 父子雨情のあらすじ

父を暴漢に殺害された青年剣士・宇佐美平四郎は、師と仰ぐ平山行蔵が御先手組頭・藤堂源左衛門から命じられた先手御用掛の仲間として、許せぬ悪を討つ役目を担うことになった。勘定方の島田外記と銭両替商・秋田屋の不穏な関係を探るうち、平四郎の前に、秋田屋の腹黒い企みが見えてくる。書き下ろし長編時代小説、シリーズ第一弾。

432円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

影法師冥府葬り 1 父子雨情のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP