虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり 井沢元彦

虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり

著者
井沢元彦
出版社
小学館
ジャンル
社会・政治
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議ありのあらすじ

「逆説の日本史」シリーズ「『言霊の国』解体新書」「逆説のニッポン歴史観」 古来、現実よりも言葉の霊力に重きをなしてきた「言霊の国」ニッポンにあって報道の客観性は遠いところにあった。その精神風土を冷静に見すえることなく、迷妄なコトバ=記事をたれ流してきたのが大新聞の報道姿勢でなかったのか。新聞はウソをつかない“社会の木鐸”などの言葉が空しくなる虚報、ミスリードの連続を数々の事例を持って検証し、朝日新聞に代表される新聞ジャーナリズムの姿勢を問う。

658円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議ありのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP