防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織 福山隆

防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織

著者
福山隆
出版社
幻冬舎
ジャンル
社会・政治
配信日
2018年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織のあらすじ

本来、情報の世界では、軍事と外交は別個の役割を担う。言うまでもなく外交情報は外務省の管轄だ。しかし日本では軍事情報もアメリカからまず外務省に入る場合が多い。そして外務省はそのすべてを防衛省に伝えるわけではない。縄張り意識と省益主義のなせる業だ。東アジアの緊張が高まる中、このままでは、緊急の危機に対応できない。今こそ、つまらぬ意地とプライドを捨て、両分野のインテリジェンス組織を正しく構築しなおすことが急務だ。二つの情報機関を熟知する著者の緊急提言。

800円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織の最新書籍ニュース

2018年11月16日 更新

PAGE
TOP