仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか 相原孝夫

仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか

著者
相原孝夫
出版社
幻冬舎
ジャンル
ビジネス・経済 ビジネス・経済 自己啓発
配信日
2020年07月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのかのあらすじ

モチベーション高く働く――。意欲が常に湧き上がっている、理想とされる働き方だ。モチベーションという言葉が仕事の場面で使われ始めたのは2008年のリーマンショック頃。以来、時を同じくして職場うつの問題が急浮上。高い意欲を礼賛する風潮が、働き方を窮屈にしたのだ。そもそもモチベーションとは、ささいな理由で上下する個人の気分。成果を出し続ける人は、自分の気分などには関心を払わず、淡々と仕事をこなす。高いモチベーションを維持する人などいない。気持ちに左右されない安定感ある働き方を提言する。

773円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのかのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP