十一代目團十郎と六代目歌右衛門 悲劇の「神」と孤高の「女帝」 中川右介

十一代目團十郎と六代目歌右衛門 悲劇の「神」と孤高の「女帝」

著者
中川右介
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2018年10月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十一代目團十郎と六代目歌右衛門 悲劇の「神」と孤高の「女帝」のあらすじ

戦後、大衆からの絶大な人気を誇り、市川宗家の名跡のもとで劇界を背負う宿命を負った名優、十一代目團十郎。妖艶な美貌と才芸を武器に、人間国宝、文化勲章などの権威を次々手にして這い上がった不世出の女形、六代目歌右衛門。立場の異なる二人が一つの頂点を目指したとき、歌舞伎界は未曾有の変革を孕んだ――。華やかな舞台の裏に潜む、人間の野望と嫉妬、冷徹な権謀術数の数々。最大のタブーの封印がいま解かれる。

964円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

十一代目團十郎と六代目歌右衛門 悲劇の「神」と孤高の「女帝」のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

十一代目團十郎と六代目歌右衛門 悲劇の「神」と孤高の「女帝」の最新書籍ニュース

2018年11月17日 更新

PAGE
TOP