牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 坂口孝則

牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学

著者
坂口孝則
出版社
幻冬舎
ジャンル
ビジネス・経済 経済
配信日
2016年11月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学のあらすじ

牛丼屋は安さの限界を追求する。よって並盛り一杯350円の儲けは、およそ9円。だが、利益を伸ばす余地はまだある。材料費が10円下がれば、同じ値段でも儲けは倍になるのだ。かように、どんな業種も仕入れの工夫でさらに利幅を増やすことができる。いってみれば、仕入れほど、売り手と買い手が激しい価格交渉を繰り返し、互いの知恵を戦わせる分野もない。仕入れがわかれば、モノの値段と利益の本質が見える!

738円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学の注目の投票ランキング

PAGE
TOP