重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 大栗博司

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る

著者
大栗博司
出版社
幻冬舎
ジャンル
科学
配信日
2017年08月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫るのあらすじ

私たちを地球につなぎ止めている重力は、宇宙を支配する力でもある。重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、まだその働きが解明されていない重力。重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は10次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる冒険の物語。

902円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫るのユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP