剣客春秋 かどわかし 鳥羽 亮

剣客春秋 かどわかし

著者
鳥羽 亮
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2020年08月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

剣客春秋 かどわかしのあらすじ

吟味方与力の幼い息子が何者かに連れ去られた矢先、江戸有数の油問屋に夜盗が押し入った。現場には「子供の命が惜しくば、手出し無用」の紙片が。ほどなく臨時廻同心の愛息も姿を消す。事件の背後に蠢く荒技・乗突きを操る牢人一味の影。その探索に、里美は単身で乗り出すが、やがて彼女自身も消息を絶った――。好評の時代小説シリーズ第三弾!

556円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

剣客春秋 かどわかしのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

剣客春秋 かどわかしを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP