孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻 大鐘稔彦

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻

著者
大鐘稔彦
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸 小説
配信日
2017年08月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻のあらすじ

当麻鉄彦は、大学病院を飛び出したアウトサイダーの医師。国内外で腕を磨き一流の外科医となった彼は、琵琶湖のほとりの民間病院で難手術に挑み患者達の命を救っていく。折しも、大量吐血して瀕死の状態となった「エホバの証人」の少女が担ぎ込まれる。信条により両親は輸血を拒否。一滴の輸血も許されない状況で、果たして手術は成功するのか?

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻の注目の投票ランキング

PAGE
TOP