続・藩医宮坂涼庵 和田はつ子

続・藩医宮坂涼庵

著者
和田はつ子
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続・藩医宮坂涼庵のあらすじ

家老との戦いで、藩の裏の秘密が露見した! 秋川藩を我がものにしようとする家老・遠藤と、宮坂涼庵・ゆみえとの戦いは続いていた。どんな病でも治療してしまうという加代様と呼ばれる女性が出現。奉行の橘弥十郎をはじめ、薬を飲んだ者が次々と中毒に罹っていくが、宮坂は、その薬の正体を見破った。そしてその薬は、ゆみえの父・山村次郎助による告白で、藩の行ってきた闇の所業と連なっていった。幕府への露見の畏れが出たとき、宮坂が取った行動とは……。書き下ろしで送る第2弾!

594円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

続・藩医宮坂涼庵のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP