炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編) 桑原水菜/浜田翔子

炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)のあらすじ

萩城の事件から二度目の冬が訪れた。19歳になった高耶は直江の〈死〉を記憶から消し去り、小太郎を直江だと思いこんだまま、怨霊調伏に奔走していた。一方、度重なる心霊事件の真相を究明するため、国家公安委員会・特務調査部が動きだし、重要参考人として高耶の調査を進めていた。不審な事件が続発する江の島に向かった高耶は、妙に懐かしさを感じさせる開崎という男に出会うが…。

496円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)の最新書籍ニュース

2018年12月13日 更新

PAGE
TOP