炎の蜃気楼32 耀変黙示録III ―八咫の章― 桑原水菜/浜田翔子

炎の蜃気楼32 耀変黙示録III ―八咫の章―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

炎の蜃気楼32 耀変黙示録III ―八咫の章―のあらすじ

高耶たちは三枚の鏡に記された「ゴトビキ岩」を求め、神倉神社へとやって来た。そこで高耶は、“仇討ち”に来たという高校生に出会う。待ち伏せていた彼の語るその理由に、高耶たちは衝撃を受けるが!? 一方、大都市と呼ばれる各地では京都市民消失事件を機に、混乱した人々が暴動を起こしていた。――年代を問わず蔓延する怨霊。すでに《闇戦国》は、戦国の死者だけのものではなくなっていた!

496円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

炎の蜃気楼32 耀変黙示録III ―八咫の章―のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP