恋愛脳の作り方 米山公啓

恋愛脳の作り方

ジャンル
暮らし・生活 恋愛・結婚
配信日
2011年05月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛脳の作り方のあらすじ

「私、もう恋なんかいいの」 などと言う場合、本当に、変化を好まない脳になってしまう危険がある。 反対に、「なかなか恋ができなくて」と愚痴っている場合は、どこかに恋をして大きな変化をしたくないと思っているところがある。 何歳になっても恋ができるのは、非常に若い脳を持っている証拠である。 あなたが、「なんだか面倒」と思い始めたなら、脳が固くなり危険な状態になっている証拠だ。 肌の若さを保つことには一生懸命になるが、もっと大切な脳を若くしておかないと、心が先に歳をとってしまう。 脳を常に元気にさせて、いつでも恋愛ができるようにするには、どうしたらいいだろうか。 一番有効なのは体験である。恋愛体験が次の新しい恋に役立つ。数多くの恋をすればするほど、恋愛脳としてすばらしい脳に変化していくのだ。 画家のピカソは、九十三歳で亡くなるまで多くの恋人がいた。芸術家はなぜ、そんな高齢になっても恋ができるのだろうか。 答えは簡単だ。脳が若いのだ。 好きな人に愛されている女性は、ちょっとしたコツを知っています。この本で愛され脳をマスターしましょう。

216円 2ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

恋愛脳の作り方のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP