姫は看板娘 聖龍人

姫は看板娘

著者
聖龍人
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2013年03月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姫は看板娘のあらすじ

じゃじゃ馬姫と名高い御三卿・田安家ゆかりの由布姫は、お忍びで江戸の町に出て会った高貴な佇まいの侍・千太郎に一目惚れ。千太郎は実は姫の祝言の相手、稲月藩三万五千石の若殿の仮の姿であった。互いに名乗らぬまま惹かれ合い、千太郎の目利きの才と剣の腕、姫のけなげな助力で、江戸の難事件解決に挑む。大人気シリーズ第5弾!

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

姫は看板娘のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP