仁王の涙 幡 大介

仁王の涙

著者
幡 大介
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2011年12月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仁王の涙のあらすじ

ひょんなことから「ご老中様のお抱え力士」となった心やさしき巨漢の三太郎が入った相撲界では、戦国の世からの遺恨を引きずる出羽の大名家と陸奥の大名家がともに大関を抱えてライバルの火花を散らしていた。そんな折、一方の大名家のはねかえり分子が相手の大関を狙うという前代未聞の計略が発覚して……。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

仁王の涙のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP