神の子 辻堂魁

神の子

著者
辻堂魁
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2011年10月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神の子のあらすじ

花川戸町の表通りと≪人情小路≫の辻にある自身番に書役として雇われている入倉屋の可一、二十七歳。可一は自身番日記に記すため、町内に起こった出来事を調べる過程で、けなげに懸命に生きる人々の悲喜劇や事件に絡み、かかわっていく。恋あり笑いあり人情の哀愁あり、壮絶な殺陣ありの、三話オムニバス形式。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

神の子のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP