大江戸三男事件帖 与力と火消と相撲取りは江戸の華 幡 大介

大江戸三男事件帖 与力と火消と相撲取りは江戸の華

著者
幡 大介
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2011年08月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大江戸三男事件帖 与力と火消と相撲取りは江戸の華のあらすじ

旗本次男坊の高橋欣吾、火消「は組」の若衆・伝次郎、六尺三寸の大男・担ぎ人足の三太郎の三人は、子供の頃から身分を越えての仲間だ。そんな若者らを北町奉行所最古参の老与力・益岡喜六は温かく見守ってきた。その益岡がある殺人事件の探索中、罠にはまって“切腹”の危機に。三人の義兄弟は益岡を救おうとして……。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

大江戸三男事件帖 与力と火消と相撲取りは江戸の華のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP