影狩り 忘れ草秘剣帖4 森詠

影狩り 忘れ草秘剣帖4

著者
森詠
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2011年07月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

影狩り 忘れ草秘剣帖4のあらすじ

安政三年の師走。江戸城大手門はじめ薩摩、土佐、水戸などの江戸藩邸の門扉に、「天誅を下す 影法師」との警告文が張り出された。単なる脅しでない証に筆頭老中の寝所に刺客が……。薩摩藩主・斉彬の血を引く青年剣士鏡進之介に、隠れ御庭番「忘れ草」の頭・西郷吉之助から密命が下った。北辰一刀流の豪剣が唸る。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

影狩り 忘れ草秘剣帖4のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

影狩り 忘れ草秘剣帖4の注目の投票ランキング

PAGE
TOP