人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖1 倉阪鬼一郎

人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖1

著者
倉阪鬼一郎
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2011年06月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖1のあらすじ

わたしはもはや武士ではありません。思うところあって刀を捨て、包丁を選びました。刀は人を殺めます。包丁も生あるものを切りますが、正しく成仏させれば、一皿一皿、一椀一椀の料理に変わります。その味が食べていただいた方の気持ちをほぐし、素材は生まれ変わって血となり肉となります。そして、ときにはそれが、人生の一椀になったりもするのです。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖1のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP