斬刃乱舞 天下御免の信十郎6 幡 大介

斬刃乱舞 天下御免の信十郎6

著者
幡 大介
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2011年02月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斬刃乱舞 天下御免の信十郎6のあらすじ

三代将軍家光の世、父の大御所秀忠は家光の弟である忠長に、徳川の゛聖地゛駿河を与えた。ここに、尾張の義直、紀伊の頼宣、家光の乳母・斉藤福、そして天下の謀僧・南光坊天海を巻き込んでの、忠長を巡る徳川家の暗闘が始まった。秀吉の遺児にして加藤清正の猶子(養子) 波芝信十郎は天下騒乱を阻むために闘う。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

斬刃乱舞 天下御免の信十郎6のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP