神算鬼謀 天下御免の信十郎5 幡 大介

神算鬼謀 天下御免の信十郎5

著者
幡 大介
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2010年12月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神算鬼謀 天下御免の信十郎5のあらすじ

三代将軍家光の世、九州南部から琉球国にかけて、島津、イスパニア、キリシタンたちを巡って何か途轍もないことが起こりかけている。秀吉の遺児にして加藤清正の猶子・波芝信十郎は、二年ぶりに帰った故郷・肥後を天下騒乱の発火点にするわけにはいかない。菊池ノ里の頭・菊池彦として大隠謀に立ち向かう。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

神算鬼謀 天下御免の信十郎5のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP