蓮花の散る つなぎの時蔵覚書3 松乃藍

蓮花の散る つなぎの時蔵覚書3

著者
松乃藍
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2010年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蓮花の散る つなぎの時蔵覚書3のあらすじ

蓮の花が咲き始める季節、武州秋津藩十二万石の江戸藩邸で鬼役が死んだ。幼君千太郎の食事を毒味した直後である。誰が?何の目的で毒を? 家老鎌田は直ちに全員を禁足し、厳しく取調べるも犯人は不明。しかも藩主は不在。事件が幕閣に知られたら……。苦悩する鎌田と元藩士で貸本屋の時蔵。二転三転する事件の悲劇と真相……。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

蓮花の散る つなぎの時蔵覚書3のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP