旅立ちの鐘 日本橋物語5 森真沙子

旅立ちの鐘 日本橋物語5

著者
森真沙子
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2010年05月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅立ちの鐘 日本橋物語5のあらすじ

師走――浅草三の酉の夜、番頭の市兵衛が、千住の木綿問屋近江屋の娘で身重のお郁を川の中から連れ帰って来た。親に許されぬ香具師千吉の子であるという。お郁はなぜ身投げしようとしたのか? 話を聞き蜻蛉屋の女将・お瑛の憂慮は深まるが、やがて明らかになる悲しい真相。鐘の音が知らせる愛する者の死……。文壇実力派の女流が描く叙情サスペンス!

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

旅立ちの鐘 日本橋物語5のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP