桜吹雪く剣 つなぎの時蔵覚書2 松乃藍

桜吹雪く剣 つなぎの時蔵覚書2

著者
松乃藍
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2010年04月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桜吹雪く剣 つなぎの時蔵覚書2のあらすじ

武州秋津藩十二万石の元藩士江守市之進はかつて藩政内紛事件に捲き込まれ、名を時蔵と改め江戸にて貸本屋笛吹堂を商う。故郷を捨てざるを得なかった時蔵の胸中に去来する望郷の念は強い。父母は健在か、姉はどうしているのか? 春──桜は咲き誇り、人々がさんざめく時、一通の文が時蔵に届けられ、それが二十一年前の悪夢をよみがえらせる事となった……。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

桜吹雪く剣 つなぎの時蔵覚書2のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP