進之介密命剣 忘れ草秘剣帖1 森詠

進之介密命剣 忘れ草秘剣帖1

著者
森詠
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2010年01月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進之介密命剣 忘れ草秘剣帖1のあらすじ

安政二年(一八五五)五月、開港前夜の横浜村近くの浜に、瀕死の若侍を乗せた小舟が打ち上げられた。回船問屋宮田屋に運ばれたが、頭に銃創、袈裟懸けの一刀は肌着の上の鎖帷子まで切断していた。宮田屋の娘おさきらの懸命な介抱で傷は癒えたが、記憶が戻らない。そして、若侍の過去にからむ不穏な事件が始まった。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

進之介密命剣 忘れ草秘剣帖1のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

進之介密命剣 忘れ草秘剣帖1の注目の投票ランキング

PAGE
TOP