栄次郎江戸暦 浮世唄三味線侍 小杉健治

栄次郎江戸暦 浮世唄三味線侍

著者
小杉健治
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2007年12月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栄次郎江戸暦 浮世唄三味線侍のあらすじ

下谷車坂の惣右衛門店に新内語りの春蝶を見舞った時から事件は始まった。栄次郎の見知りの宗助が妻子を捨てて失踪したのだ。お節介焼きの己れの性分を自嘲しつつも、栄次郎はその行方を追いはじめた。やがて浮上する下級旗本金谷仙太郎自害死の謎。宗助失踪の裏に何が隠れているのか? 美しく巡る江戸の四季を背景に、人と人とのつながりの儚なさと強さを叙情豊かに描く読切連作の秀作。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

栄次郎江戸暦 浮世唄三味線侍のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

栄次郎江戸暦 浮世唄三味線侍の注目の投票ランキング

PAGE
TOP