行人坂の魔物 みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」 町田徹

行人坂の魔物 みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」

著者
町田徹
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2018年11月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行人坂の魔物 みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」のあらすじ

目黒・行人坂は、江戸時代に火付けの大罪をおかした「八百屋お七」の井戸があるだけでなく、明和の大火を引き起こした凶事の地として知られる。この地で発展した目黒雅叙園は、イトマン事件をはじめとする数々の経済事件の舞台となってきた。バブル経済の崩壊後、ハゲタカ・ファンドがこの雅叙園を買収。ハゲタカに踊らされた大手邦銀は、今も「債権飛ばし」を続けている。なぜ、禍禍しいこの土地で、人々は翻弄され続けるのか。

1,512円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

行人坂の魔物 みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP