〈玉砕〉の軍隊、〈生還〉の軍隊 日米兵士が見た太平洋戦争 河野仁

〈玉砕〉の軍隊、〈生還〉の軍隊 日米兵士が見た太平洋戦争

著者
河野仁
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
人文・社会科学 日本史
配信日
2017年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈玉砕〉の軍隊、〈生還〉の軍隊 日米兵士が見た太平洋戦争のあらすじ

「降伏は名誉」とする米兵と、捕虜となることを恥、自決を名誉と考える日本兵。「バンザイ突撃」は、「9時から5時まで戦う」米兵の目には自殺行為にしか映らなかった。究極の文化衝突の場、戦場で両軍兵士は何を目にし、互いの認識をどう変えたのか――。日米元兵士への緻密なインタビュー調査を通して、「兵士」の誕生から戦地における彼らの思想と行動までを比較文化的観点から探究。「戦闘の社会学」が解明する、戦場の真実。(講談社学術文庫)

1,080円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

〈玉砕〉の軍隊、〈生還〉の軍隊 日米兵士が見た太平洋戦争のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP