市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像 佐々木実

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像

ジャンル
ノンフィクション
配信日
2019年08月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像のあらすじ

【第12回 新潮ドキュメント賞受賞・第45回 大宅壮一ノンフィクション賞受賞】 「構造改革」「規制改革」という錦の御旗のもと、いったい何が繰り広げられてきたのか? その中心にはいつも、竹中平蔵というひとりの「経済学者」の存在があった。“外圧”を使ってこの国を歪めるのは誰か? 郵政民営化など構造改革路線を推し進めた政治家・官僚・学者たちは、日本をどのような国に変えてしまったのか? 8年におよぶ丹念な取材からあぶり出された事実から描ききる、ノンフィクション。

1,674円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像の注目の投票ランキング

PAGE
TOP