魔物が棲む町 物書同心居眠り紋蔵(十) 佐藤雅美

魔物が棲む町 物書同心居眠り紋蔵(十)

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魔物が棲む町 物書同心居眠り紋蔵(十)のあらすじ

高輪・如来寺に赴任した快鴬は、門前町人たちに地代を課そうとしたが、彼らがいっこうに払わないので公儀に訴えた。ごく簡単な訴訟だったはずなのに、背後に拝領地の売買という、奉行所が裁決を避けてきた容易ならぬ問題が。訴訟を取り下げさせるという厄介事が紋蔵に降りかかる表題作。「物書同心居眠り紋蔵シリーズ」第10弾。(講談社文庫)

781円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

魔物が棲む町 物書同心居眠り紋蔵(十)のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP