日本の呪い~「闇の心性」が生み出す文化とは~ 小松和彦

日本の呪い~「闇の心性」が生み出す文化とは~

著者
小松和彦
出版社
光文社
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2006年07月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の呪い~「闇の心性」が生み出す文化とは~のあらすじ

日本の歴史・文化は《呪い》によって作られた――。呪いを逃れて遷都した桓武天皇。強烈な呪術で対決した武田信玄と上杉謙信。明治天皇の初仕事は、七百年以上(!)祟りつづけた崇徳天皇の怨霊を鎮めることだった……。《呪い》のシステムを明らかにし、新世紀に生きる私たちの存在を問い直す。民俗学から小説、マンガにまで影響を与えた鬼才の名著。

432円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

日本の呪い~「闇の心性」が生み出す文化とは~のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP