呪物館 人工憑霊蠱猫 化野燐

呪物館 人工憑霊蠱猫

著者
化野燐
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2020年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

呪物館 人工憑霊蠱猫のあらすじ

妖気に蝕まれ、廃墟の如き“館”。 小夜子たちを異界が待つ――古書店、文車堂(ふぐるまどう)で、龍造寺は小夜子、白石たちには詰問され、“有鬼派”大生部には襲撃される。魔書“本草霊恠図譜(ほんぞうれいかいずふ)”が奪われたというのだ。行方を追って一同は、知る人ぞ知る曰くつきの品を引き取り封じる呪物館を訪れる。そこには数々の不可解な事件が待ち受けていた。妖怪伝奇小説、佳境へ。(講談社文庫)

825円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

呪物館 人工憑霊蠱猫のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

呪物館 人工憑霊蠱猫の最新書籍ニュース

2017年06月02日 更新

PAGE
TOP