もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く 安冨歩

もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く

著者
安冨歩
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
社会・政治
配信日
2020年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜くのあらすじ

「承知しました」という返答で共犯関係と決断責任の回避を成し遂げ、「そこまでやるとは思わなかった」「その件についてはお詫び申し上げます」という弁明で、自らの正当性を主張しつつ形式的に謝罪する欺瞞を成立させる――原発危機、企業不祥事などで頻発するこの「東大話法」を支えるのが、「立場至上主義」。「立場」はどのように日本人を呪縛してきたのか、そこからいかに逃れられるのかを、気鋭の「東大」社会学者が説く。

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜くのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP