糸のさだめ 結わえ師・紋重郎始末記 石月正広

糸のさだめ 結わえ師・紋重郎始末記

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糸のさだめ 結わえ師・紋重郎始末記のあらすじ

江戸市中を悠々と練り歩き、町民の信頼と羨望を一身に集める神業結わえ師・紋重郎。あらゆるものを結び、解く彼には、人と人を結ぶ糸、運命の綾(あや)までもが見えてしまうのだ。 今回は、まだ年若い僧が庶民の救済を願い、生きたままで海へと命を擲(なげう)つ補陀洛渡海(ふだらくとかい)の熊野へと誘われるが……。紋重郎は「定め」を変えることができるのか。シリーズ最高傑作登場。 (講談社文庫)

639円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

糸のさだめ 結わえ師・紋重郎始末記のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP