陰摩羅鬼の瑕(3) 【電子百鬼夜行】 京極夏彦

陰摩羅鬼の瑕(3) 【電子百鬼夜行】

ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2020年07月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陰摩羅鬼の瑕(3) 【電子百鬼夜行】のあらすじ

「薫子さんは――。必ず僕が生かして戻します」。またしても惨劇は繰り返されたが、「鳥の城」に辿り着いた京極堂は伯爵にこう断言した。驚嘆する周囲をよそに、語り出した京極堂。少しずつ明るみになる犯人像。「それでも人は自分の真相を知りたがる。だから僕は来たのです」。京極文学の新境地、ここに完結。

524円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

陰摩羅鬼の瑕(3) 【電子百鬼夜行】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

陰摩羅鬼の瑕(3) 【電子百鬼夜行】を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

陰摩羅鬼の瑕(3) 【電子百鬼夜行】の最新書籍ニュース

2020年08月08日 更新

PAGE
TOP