陰摩羅鬼の瑕(2) 【電子百鬼夜行】 京極夏彦

陰摩羅鬼の瑕(2) 【電子百鬼夜行】

ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2020年07月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陰摩羅鬼の瑕(2) 【電子百鬼夜行】のあらすじ

由良由良由良。頭から離れない。あの青白い顔が。あの硝子玉の目玉の鳥の死骸の群れが――。伯爵家での事件を解明できぬまま、警察を辞めた伊庭銀四郎。再び疼きだした心の傷を癒すため、伊庭は京極堂に赴く。一方、「鳥の城」では関口が花嫁・薫子を護っていた。だが、僅かな時間、薫子は一人になった――。

524円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

陰摩羅鬼の瑕(2) 【電子百鬼夜行】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

陰摩羅鬼の瑕(2) 【電子百鬼夜行】を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP