徳富蘇峰 終戦後日記 III 『頑蘇夢物語』歴史篇 徳富蘇峰

徳富蘇峰 終戦後日記 III 『頑蘇夢物語』歴史篇

ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2019年02月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳富蘇峰 終戦後日記 III 『頑蘇夢物語』歴史篇のあらすじ

「百敗院泡沫頑蘇居士」と戒名をつけた位牌に香を焚き、自ら「一周忌」を弔った蘇峰は、新憲法は米国胤と断じ、東京裁判の欺瞞性も舌鋒鋭く暴露。如何に日本はあらゆる罪悪の権化であるか、また米英その他は如何に立派な文明人道の典型的国民であるかを証拠立てる事を目的としているものと批判し、来日した満州国皇帝・溥儀との秘話をも明かす。戦後史の暗闇を照射する注目の終戦後日記第3弾!

1,007円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

徳富蘇峰 終戦後日記 III 『頑蘇夢物語』歴史篇のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP