海鳴の花嫁 玻璃暗涙 森崎朝香

海鳴の花嫁 玻璃暗涙

ジャンル
文芸 SF・ファンタジー 恋愛・ロマンス ライトノベル
配信日
2018年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海鳴の花嫁 玻璃暗涙のあらすじ

亥国(いこく)の第一公主巴璃(はり)は、幼い頃母親とも離れ離れにさせられ、嫌々神に仕える巫女(みこ)になった。そんな彼女の寂しい心を唯一慰めてくれたのは第三公子の海鵬(かいほう)。彼への思いを募らせる巴璃だが、結ばれると相手を滅ぼすという予言が重くのしかかる。一方、第二公子の紫陽(しよう)は異国で暮らす妻子を捨て、初恋の相手との愛を成就させてしまう。運命に翻弄される二つの愛の形。衝撃的な結末は!?

594円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

海鳴の花嫁 玻璃暗涙のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

海鳴の花嫁 玻璃暗涙を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP