銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 高里椎奈

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談

ジャンル
文芸 ミステリ SF・ファンタジー ライトノベル
配信日
2020年07月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談のあらすじ

たっぷり雪が積もった小学校の校庭に、一夜にして全長100メートルものミステリーサークルが現れた。雪の妖精あるいは蝶の標本のような輪郭はくっきりと美しく、内側にも外側にも足跡などはいっさい残っていない。だが、雪が溶けたとき、その中央には他殺死体があった! 薬屋でもあり○×△□でもある美男探偵トリオが、初めての難事件に挑む!

605円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP