素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む 片山泰久

素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む

ジャンル
科学
配信日
2019年11月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑むのあらすじ

物体の生成消滅の理論から始まって、ハイゼンベルク、坂田、湯川の素粒子統一の動きへ……。自然の根源に原子空間を提唱する素領域理論にまで分け入り、科学の新理論が如何にして創られるかを目の当たりにみる。平易にして明解……。講談社ブルーバックス・ロングセラーの電子化。〈本書は、1971年3月、講談社ブルーバックス(B-167)として刊行されました。〉

748円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑むのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP