哀しき刺客 牧 秀彦

哀しき刺客

著者
牧 秀彦
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2014年01月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

哀しき刺客のあらすじ

廻方同心「北町の虎」こと嵐田左門は還暦で引退したが、北町奉行遠山景元の推挙で現役に復帰した。夜更けの大川端で左門は、かねて顔見知りの若侍が、待ち伏せして襲いかかってきた武士たちを居合で一刀のもとに斬り伏せた現場を目撃した。若侍はいつも回向院の境内で界隈の子供らの遊び相手をしている心優しき若者であった。柔和な若侍がなぜ襲われたのか……。

756円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

哀しき刺客のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP