自閉症という謎に迫る 研究最前線報告(小学館新書) 金沢大学子どものこころの発達研究センター(監修)

自閉症という謎に迫る 研究最前線報告(小学館新書)

ジャンル
人文・社会科学 心理学 医学
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自閉症という謎に迫る 研究最前線報告(小学館新書)のあらすじ

かくも不可解な「自閉症」に学際的に迫る! 自閉症は100人に1~2人はいると言われるが、謎は多い。 ・自閉症の徴候はだれにもあるのに、なぜ障害とみなされるのか? ・自閉症の発現率が急増しているのは、なぜか? ・自閉症は遺伝か環境か? ・自閉症は、人が本来もっている人格の一部であって、治癒させる必要があるのか? などの謎に、精神科学、医工学、心理学、遺伝学、社会学などから、学際的に最前線の成果をわかりやすく報告する。

540円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

自閉症という謎に迫る 研究最前線報告(小学館新書)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

自閉症という謎に迫る 研究最前線報告(小学館新書)の注目の投票ランキング

PAGE
TOP