異戦関ヶ原6 天下燃ゆ 中里融司

異戦関ヶ原6 天下燃ゆ

著者
中里融司
出版社
学研
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異戦関ヶ原6 天下燃ゆのあらすじ

加藤清正を味方につけ、西海道の兵を連れて佐和山城に帰還した石田三成であるが、徳川家康に水口城を落とされ、東海道との回廊を確保されてしまった。その家康は、三成を近江に封殺すべく、後背の脅威である上杉軍を除こうと、四天王の井伊直政、榊原康政らを北上させた。上杉景勝は、最上義光の抵抗と、向背定かならぬ伊達政宗の動きに苦戦を強いられていた。景勝の腹心・直江兼続が、独眼龍・政宗を味方につけるため、単身政宗のもとに向かう。兼続の策は果たして図に当たるのか。そして、景勝の義戦は、家康の野望を打ち砕き、三成を窮地から救えるのか!?

935円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

異戦関ヶ原6 天下燃ゆのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP