蘭菊の狐 西村寿行

蘭菊の狐

著者
西村寿行
出版社
光文社
ジャンル
文芸 小説
配信日
2005年09月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蘭菊の狐のあらすじ

代々狐つきの家とみなされ、村八分にされていた出雲家の孤児・阿紫。母は町長の命令によって、町民に凌辱され狂死、父は憤死……そして、秘密をつかんだ兄も殺された。怒りと復讐に燃え、独り敢然と闘いを挑む阿紫の前に、奇妙な三人の中年男が……。古来より伝わる〈狐つき〉を題材にした長編復讐小説(ハード・バイオレンス)の白眉!

770円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

蘭菊の狐のユーザーレビュー

蘭菊の狐を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP