小説 竹光侍(三) 永福一成

小説 竹光侍(三)

著者
永福一成
出版社
小学館
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説 竹光侍(三)のあらすじ

二匹の剣鬼は、いかにして生まれたのか。 竹光差しの浪人・瀬能宗一郎を執拗につけ狙う刺客請負人・木久地は、50人もの捕り方に包囲され、小伝馬町の牢屋敷に入れられた。  平穏を取り戻した宗一郎は、お勝に習字を教えたり、御輿大三郎と刀剣談義に華を咲かせていた。しかし、宗一郎出生の謎である御家騒動は、着実に宗一郎を包囲しつつあった。  一方、木久地は入牢と同時に獄中の罪人たちを掌握。自身の死罪を免れるために、木久地が放った驚愕の一手とは?  三度、宗一郎と木久地は対峙するのか!?  風雲急をつげる竹光侍シリーズ中、もっとも人情味に溢れた松本大洋の人気コミック原作小説第三弾!

615円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

小説 竹光侍(三)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP