浅草弾左衛門 第四巻 (幕末躍動篇・下) 塩見鮮一郎

浅草弾左衛門 第四巻 (幕末躍動篇・下)

著者
塩見鮮一郎
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代 ノンフィクション
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅草弾左衛門 第四巻 (幕末躍動篇・下)のあらすじ

非人たちと共に偏見と差別に抵抗する弾左衛門に幕府崩壊の響きが…。 武州反乱を境に沈黙する弾左衛門と袂を分かって、鎮圧と逮捕を逃れ、甲州へと逃げる余。一方、非人寄せ場の火事で死者を出した車善七と弾左衛門との間の溝は深まるばかり。黒船来航に驚愕する徳川幕府に恩返しをすべく、非人たちの軍夫志願を申し出た彼は、旧知の関西の被差別者たちに、その趣旨に賛同を得ようと下阪するが……。飢餓・地震・弾圧・反乱と激動の時代にあがく人々の群像。

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

浅草弾左衛門 第四巻 (幕末躍動篇・下)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP