浅草弾左衛門 第三巻 (幕末躍動篇・上) 塩見鮮一郎

浅草弾左衛門 第三巻 (幕末躍動篇・上)

著者
塩見鮮一郎
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代 ノンフィクション
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅草弾左衛門 第三巻 (幕末躍動篇・上)のあらすじ

差別と偏見の鎖を断ち切ろうと苦闘する弾左衛門に封建社会崩壊の予兆が。 「非人たちの世話を押しつけて、その賄い金も出さずどうしろというのか」反乱の鎮圧に対して無言の抵抗を示す弾左衛門。一方、鎖国政策のすき間から流れ込む海外の情報が江戸幕府を根底から揺り動かす。天災や飢餓で疲弊した諸藩は逃散や一揆が続発する。被差別者たちの生業を支えた燈心の一手販売も農民や商人たちの圧力で失われようとしていた。役人との交渉で執拗に粘る直樹。黒船の来航が、幕府を支えた諸藩の分裂を早めるが……。

702円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

浅草弾左衛門 第三巻 (幕末躍動篇・上)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP