マグレと紅白歌合戦 間暮警部の事件簿3 鯨 統一郎

マグレと紅白歌合戦 間暮警部の事件簿3

著者
鯨 統一郎
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 文芸 その他
配信日
2018年11月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マグレと紅白歌合戦 間暮警部の事件簿3のあらすじ

日本の命運をかけた紅白歌合戦の決着は!? 東京タワーのてっぺんに突き刺さった人間の死体……。警察庁特命刑事・間暮誠は、その光景を一目見るなり呟(つぶや)いた。 ――「見立て殺人です」 事件はそれだけに留(とど)まらない。北は北海道から南は沖縄まで、日本全国で発生した21の奇天烈(きてれつ)な殺人事件。その一方、治安を乱す元凶として日本中から次々に消されていく歌謡曲。見え隠れするのは謎(なぞ)の集団「ブラックローレライ」の影……。「歌う警部マグレ」シリーズ第3弾。初の長編の舞台となるのは、なんと“紅白歌合戦”! 歌謡史に残る数々の名曲が事件の謎を解き明かし、勝敗の行方が日本中の命運を左右する!?

648円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

マグレと紅白歌合戦 間暮警部の事件簿3のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP