消費ミニマリズムの倫理と脱資本主義の精神 橋本努

消費ミニマリズムの倫理と脱資本主義の精神

著者
橋本努
出版社
筑摩書房
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費ミニマリズムの倫理と脱資本主義の精神のあらすじ

いくらモノを買っても幸福感は訪れず、世界各地で経済格差が広がり、環境危機が深刻化する――。資本主義社会が直面するこれらの問題を乗り越えるには何が必要か? 身の回りのモノを捨て、最小限のモノで暮らすミニマリズムには、資本主義の支配力に抗して新たな文化を生み出す「脱資本主義の精神」に通じる回路があるという。今も圧倒的な支配力をもつ資本主義の「魔法」から抜け出すべく、「消費ミニマリズム」を多角的に検証し、その可能性を論じた画期的な思想書である。

1,705円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

消費ミニマリズムの倫理と脱資本主義の精神のユーザーレビュー

PAGE
TOP