日本の食と農の未来~「持続可能な食卓」を考える~ 小口広太

日本の食と農の未来~「持続可能な食卓」を考える~

著者
小口広太
出版社
光文社
ジャンル
科学
配信日
2021年09月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の食と農の未来~「持続可能な食卓」を考える~のあらすじ

食料自給率が40%を下回る日本は、食の大部分を海外に頼っている。また、「飽食の時代」という言葉に象徴されるように、私たちはクリックひとつで自宅に食品が届く時代を生きている。しかし、今後、地球環境に変動が生じ、農作物の輸出入に不測の事態が起きたらどうなるだろうか。私たちは今、食と農についてどう考え、どう行動すべきなのか。現場の新しい動きにも着目しながら、「等身大の自給」について考える一冊。

902円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

日本の食と農の未来~「持続可能な食卓」を考える~のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP